55.inoueseikei

医療法人井上会 井上整形外科

受けられる再生医療

・変形性ひざ関節症に対する次世代PRP ”APS療法”

井上整形外科の再生医療の特徴

井上整形外科は膝の傷み、関節鏡手術、腰痛、肩・肘の傷み、骨粗鬆症の治療を得意としている整形外科です。 これらの治療の一環として変形性ひざ関節症でおきる傷みに効果的な再生医療(APS療法)を行っています。

変形性ひざ関節症に効く再生医療

井上整形外科では変形性ひざ関節症の治療として次世代PRP療法(APS療法)を行っています。 自己血液より分離したPRP(多血小板血漿)に特別な加工を加えることで抽出できる成分”APS”を膝に注射する方法で、膝痛の緩和に効果的な治療法です。 1回の注射でほぼ痛みのない状態が2年間ほど続きます。 自己の血液を使用していますので、安全性も高く画期的な再生医療の一つと言われています。

なるべく手術をしない治療

患者さんの治療の負担を軽減できるよう、骨粗鬆症や腰痛、肩痛に対しては、なるべく手術をしない治療を行うことを心がけています。 最新医療機器を駆使し正確な診断を行い、薬物やブロック注射、リハビリなどの物理療法による治療を行います。

手術をするなら負担を少なく

膝関節の傷みについては半月板や軟骨の損傷が伴い、薬の内服や注射では一時的に痛みを抑制することしかできないケースが多くみられます。 そのような場合は、やはり手術を行うことが必要となりますが、スポーツ医学の技術と8,000例以上の手術の経験値を活かし少しでも身体と医療費の負担が少ない方法を選べるよう努力しています。 本来は入院が必要な症例であっても、関節鏡を用いた手術により日帰りで行うことも可能です。

日本のベストドクターズの一人

院長である井上先生は日本のベストドクターズに選ばれている医師です。 各国で医師全体の1~5%と言われているこの認定は、治療能力、研究成果、最新医療情報への精通度などにより一定以上の評価を得た医師のみが与えらます。

料金

【APS注射】
  • 採血、PRP抽出、APS抽出、関節注射の一連の加療につき30万円(税別)

ドクター

院長  井上 雅裕

【略歴】
  • 昭和54年 日本医科大学医学部卒
  • 平成5年 大阪大学講師(非常勤)
  • 平成 9年 関西労災病院スポーツ整形外科部長
  • 平成12年  大阪中央病院 整形外科部長
  • 平成18年 大阪中央病院 副院長
  • 平成24年 大阪市城東区にて井上整形外科を開業
【所属・資格】
  • 医学博士(大阪大学)
  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  • 中部日本整形外科災害外科学会 評議員
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • パナソニックインパルス チームドクター
  • 日本ベストドクターズ社選出「日本のベストドクター」

診療時間

診療時間
9:00〜12:00/17:00~19:00
(外来手術 15:00~17:00)  休診日:水・土曜午後、日曜・祝日
×

医療法人井上会 井上整形外科 の概要

住所

〒536-0022 大阪府大阪市城東区永田2丁目6−29

電車をご利用の場合

大阪メトロ中央線「深江橋駅」 徒歩11分

電話番号

06-6923-8027

施術内容

次世代PRP療法(APS療法)

患者さんの血液から分離したPRP(多血小板血漿)を用いて関節軟骨の再生に有効な成分”APS”を抽出します。 このAPSを膝関節に注入する治療法をAPS療法と言います。 APS療法は変形性ひざ関節症の傷みに効果的とされ、治療後時間の経過と共に徐々に痛みが緩和されていきます。 治療は1時間ほどかかります。治療が終了したのち月一の診察を半年間継続することとなります。 ただし、PRP療法(APS療法)は保険適応外となりますので、従来の治療で痛みの改善ができない方のみにおすすめしています。

口コミ・評判

・膝の手術をして頂きました。 地元の総合病院では、異常なしと診断されましたが、痛みも引かず、足を引きずる毎日。。明らかに異常を感じていた為、知人の紹介でこちらを受診しました。他の病院では、異常が無いと言われていたMR画像を見て『あやしい箇所がある』と判断して頂き、井上整形外科近くの総合病院で再度、最新MRで画像を撮り、井上先生に診てもらった所、半月板が損傷していました。後日、日帰りで手術をしてもらい、今では普通に歩けています。入院しなくても良い、術後はリハビリに通う必要もなし(家で出来るリハビリメニューを頂きました。)子供のいる私には、とても助かりました。 ・手の甲が腫れて閉まる間際に駆け込んだのですが、レントゲン・血液検査など丁寧に診察していただきました。看護師も明るく丁寧でした。 ・友人の紹介でこの病院に行き始めました。加齢と若いころの無理がたたっで 膝の軟骨が減り傷みを感じるので行きました。世界の医者が選ぶベストドクターの一人だそうです。診察の結果、軟骨を除去する手術をしました。本来なら入院しなくてはいけない」手術のようですが日帰りで終わりました。傷口は膝2か所数ミリで 一応松葉杖を借りましたが、経過もよく数日で普通に歩けました。私の場合、体重が重いのと、ひざがだいぶ重傷だったので月一でシップと傷みどめをもらいに今でも行っています。待合室はいつも診察を待つ患者さんでいっぱいです。紹介が多いようです。膝を専門にしているようで、手術後の経過を見せに来ている患者さんが多いように思います。しっかり診てくれるいい先生だと思うのですが、なにぶん患者が多いせいか、一人に掛ける時間がとても短く、もっと患部についていろいろ話したいと思っても、診察が済むと、すぐに次の患者さんに行ってしまいます。診察からレントゲンまで一人でこなしていて、とても忙しそうに走り回っておられます。